• LINE予約
  • 048-934-9345
  • 料金表

妊娠によって受ける骨盤の負担。産後の骨盤矯正

こんにちは。
ハピネス整骨院の篠塚です。

 

最近は芸能界でも結婚や妊娠などのニュースが増えてきていますね。
妊娠は女性に限定されますが、それによって体が受ける負担は大きいですね。今回はその妊娠してから体が受ける負担についてお伝えしていきます。

 

骨盤は妊娠していても、妊娠していなくても、日々開いたり閉じたりを繰り返していますが、妊娠中は骨盤が通常よりも大きく開くようになります。
そして、徐々に骨盤が開いていき、出産するときには最も大きく開いています

妊娠中の骨盤の開きが大きくなる原因は、じん帯のゆるみにあります。
妊娠中はホルモンの影響で骨盤を支えるじん帯がゆるんできます。
そのために、骨盤の開閉の幅が広がるのです。

 

出産後は骨盤の開きにプラスして前傾といって前に傾き腰が反ってきます。
また骨盤が開くことによって恥骨付近の痛みも併発することがあります。腰が反ることによって仙腸関節といって骨盤と背骨が作る関節付近に痛みが出たり、骨盤が不安定で腹圧が弱くなることによって尿漏れにつながることがあります。

 

そこで当院では骨盤を締めたり前傾しているのを戻す矯正をしていきますが、骨盤が前傾していると太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)やふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)に負担がかかりやすくなります。
太ももの前に負担がかかりすぎることによって膝の痛みが出たり、ふくらはぎに負担がかかり足がつったりむくんだりということになります。個人差はありますが、産後のママさんはこのような症状になることが多いため、太ももの前の筋肉のケアをお伝えしています!
またこの筋肉は全身の中でも大きな筋肉になるためスクワットなどで筋肉に刺激を与えることによって代謝があがりダイエット効果にもつながります。

 

最後に当院ではコアトレといった骨盤を安定させるために必要なインナーマッスルを鍛える電気治療を行っていきます。
骨盤が安定して腹圧が高まることによって恥骨の痛みや尿漏れの改善につながります。骨盤矯正も効果的ですが、プラスしてこのコアトレを行うことでより効果が高くなります。お困りの方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡お待ちしております。

 

こちらからご予約・お問い合わせができます

LINEからのご予約も可能です!

三郷市,整体,骨盤矯正,整骨院

お電話はこちら

三郷市,整体,骨盤矯正,整骨院
三郷市,整体,骨盤矯正,整骨院